11月29日 (水)  今日も書きます!近日発売開始パーツ・・・

今年の春頃より試作品を製作してもらってテストや開発を進めてきたフロントスタビライザーが
いよいよ発売間近です。
これまでビート用として発売されてきたフロントスタビは皆固定レートで、装着したらそれで終わりという
パーツばかりでした。
ビートの仕様、履くタイヤ、サスペンションの違い、運転の仕方、路面状況等等100台ビートがあれば、
全く同じ状況というのは考えられません。
料理でも出された状態で辛さが丁度良いと思う人もいれば、足りないと思って薬味を入れる人もいます。
まさにスタビライザーというパーツは料理で言うところの塩胡椒みたいなモノだと思います。
スプリングを交換するよりは手軽にロールスピードや接地感などを変更することが可能です。
欲を言えば本格的なレースカーのように室内からレバー調整などで瞬時にレート変更できれば最高なのですが、
車体側無加工のボルトオン装着では無理が生じます。
今回開発にあたって苦労したのはビートのフロントスタビとロアアームの距離が近すぎるので、
ビジュアル的にも機能的にも優れているピロエンドが使用できなかったことです。
画像は近い内に公開しますが、今回はビジュアル面は捨てて、機能性重視で製作しています。
慣れてくればレート変更は10分もあれば可能だと思います。
普段はドライセットで固定しておき、もしインターバルの間に雨が降って路面がウェットになれば、
レート変更してよりフロントがロールする様にセットし直すなんてことも可能になります。
以前にも公開しましたが最弱の状態では純正品よりも軟らかくなりますから、そこそこ高いレートのスプリングを使用しているビートにも有効だと思っています。
走りを重視しておられるビートに是非装着していただきたいと思っています。

20061129-1.jpg 20061129-2.jpg